月別アーカイブ: 2018年4月

きつすぎる筋肉トレを行っている人を見かけます

ダイエットを失敗させないためには、ウォーキングなどの有酸素運動をしなければいけません。

その理由は、長時間かけて行う有酸素運動によって、体内の余分な脂肪が燃えていくので、体型をスマートにすることができます。

実際に、きつすぎる筋肉トレを行っている人を見かけますが、筋トレがハードだと途中で投げ出す場合も多々あるので、あまり無理しないことが大切です。

一般的に、これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物はハッキリ言ってないと断言できます。

ただし、カロリーが低いものとか、食物繊維が多く含まれていて、お通じをスムーズにしてくれるものは痩せるのに役立ちますね。

例えば、野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重が増えることを防いでくれます。

加えて、できる限り太りやすい食べ物を制限しなければ効果はありません。

きれいに痩せように思うのなら食事を抜いてしまうのは不可です。

長く続かないし、健康に差し障ってしまいます。

ちゃんと、食事を摂取しながら、食べ物の一部をカロリーの低いものに置き換えると良いです。

運動を一緒に行う人は、脂肪燃焼効果を高めるため、高タンパク質低カロリーの食物が良いですね。

ダイエットしている時の間食は絶対にいけません。

おやつで食べるものが、もしもスナック菓子のようなものではなくても、食べただけ、太っていくという現実を計算にいれてください。

我慢のしすぎも悪いですが、一日三回、食事をきちんととって、あとは食事への欲求をおさえられるようにしながら体質を変えていきたいですね。

ダイエットには有酸素運動が効果的だといいますが、有酸素と無酸素をどう見分けるのか、区別がつきにくいですよね。

よく言われているのが、息は上がるけれど、汗をかくほどではないくらいの運動というのがその境界線のようです。

しかし、汗のかき方は環境などによっても変わりますよね。

そういう意味では、もっとはっきりとした違いがわかると痩せやすくなると私は思います。

職場の人間関係の精神的負担で、ここ数か月、自分でも抑えきれないほど過食になっています。

頬や顎、二の腕やお腹周りにも、お肉がついてぷよぷよ状態で、何とか体重を減らしたいなと思っているのですが、どうしても、体を動かす時間がありません。

こういう場合、あまり苦労しないで痩せられる薬が存在したらいいのになって思います。

簡単な方法で、痩せれるような薬があるのなら、万札の1枚や2枚、すぐにでも出す覚悟はありますね。

それくらいに切羽詰まった状態なんです。

本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝を上げられるといわれています。

お湯におろし生姜を入れて飲んだり、体をほぐすストレッチ体操をしたり、ゆっくり半身浴をしたりするなど、代謝量を上げるということひとつとっても根気がいると感じていた矢先だったので、とりあえず正しい呼吸法を覚えて、手軽に代謝を上げられるようになりたいと期待しています。

空いた時間に食べ物をおなかに入れてしまうことが多くてこんなのだめだと思っている方は、お菓子の代わりにスムージーを飲む置き換えダイエットはどうでしょう。

スムージーは自分好みの食材をミキサーにかけることでも作れますし、通信販売などで気に入ったスムージーを購入するのもいいでしょう。

また、おやつや主食に置き換えて飲むことで、痩せる効果が上がるんです。

スムージーを噛んで飲むようにすると、より効果的ですよ。

実際に有酸素運動は、せめて20分は運動しないと効果が少ないといわれてきましたが、今は長く続けなくてもせめて20分間は運動していれば、結果的に効果が出るといわれています。

それとは別に、ほとんどの筋トレは有酸素運動とは真逆の運動ですが、呼吸をしながらする運動、呼吸を止めてする運動を交互に行うことでそれぞれの効果を引き上げることが可能です。

体重を減らす為に朝食を抜くのは体調を崩してしまうので、少しでも食べる方が言いそうです。

どうしてもカロリーが気になる場合は主食となる食べ物をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。

他にも、加熱調理した野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌トラブルも少なくなります。

バナナ1本だけでも構いませんから、朝食はしっかりと食べるようにしましょう。

基礎代謝を向上させる事は、痩せる効果もあります。

普段汗があまり出ないという方は、体内に不要な汚れが溜まりやすいのです。

老廃物がたまると基礎代謝が下がってしまい、汗があまり出ない人は太りやすくなってしまうのです。

なので、基礎代謝を上げて、汗をかきやすい体にしていくことが大切です。

ダイエットをやっていると自分自身に厳しい食事制限を与えてしまう人もいるんですけど、食事を取らないなどの無理な減量はタブーです。

断食ダイエットをしていても胃がカラになって我慢できないなら少しでも食べるようにしましょう。

その時は、低いカロリーの物をたべるようにすれば、一気に体重が増えることもありません。

女性の視点では、結婚式は生涯一度だけのはずのことなので、婚約が決まってからは、私もそれなりにダイエットに励みました。

さらに、エステにも通いました。

予想以上に費用がかかったので2回しか行けませんでしたが、自分ではできないことができてちょっとは綺麗になった感じがします。

ダイエットした痩せようと思っても、たびたびジョギングしたりウォーキングしたりするのは、やっぱり、どちらかというと面倒な気持ちが感じられますよね。

そんな時に手軽にできるのが、部屋の中でもできる有酸素運動です。

ラジオ体操も予想以上に効果のある有酸素運動なので、楽な服装で、大きく体を動かすことを意識しながら体操をすると、効果的にカロリーが消費されます。

フルベリのダイエットで根強い人気なのが有酸素運動ですが、今、一番効果的な心拍数を自分自身で把握することで、効率よくエネルギーを消費することで、脂肪の燃焼を向上させることが可能となります。

ただし、長時間体を動かし続けるだけで痩せられるという訳ではなくて、激しい運動をやり過ぎると筋肉に酸素が行き届かないために、逆効果になってしまいます。

 

 

夏のスタートと冷やし茶漬け

地球温暖化の話題にも事欠かない昨今、年を追うごとに真夏日が早まっているように感じます。

本格的な夏がスタートする前に、夏バテになるような急激な温度差に打ち勝つことができると、よい夏を迎えることができます。

最近、有名な力士やアイドルグループがCMに出演している冷やし茶漬けを初夏に食べると、本格的な夏がスタートする前の夏バテを予防する効果があります。

源氏物語の中に、冷やし茶漬けの歴史の古さを物語っている『大御酒まゐり、氷水召して、水飯などとりどりにさうどきつつ食ふ』の台詞があります。

昭和初期に旅館で供された「だし茶漬け」がルーツとされていますが、「だし茶漬け」を含む温かいお茶漬けよりも先に、冷やし茶漬けが生まれました。

しかし、当時の冷やし茶漬けは米も硬く簡素な作り方であったため、味を楽しむ文化として一般に普及したのは、江戸時代前後と言われています。

発祥当時から、瓜の漬物や下味をつけた鰹節など、あらゆる食べ物がおかずになった冷やし茶漬けは、春の宴会の酔い覚ましや、食の進まない夏と様々な用途で食べられていました。

さらに食文化が躍進した現代では、お茶漬けのレパートリーが増えました。

中でも冷やし茶漬けは、冷たい牛乳を注ぐ、お刺身と一緒にいただくなどのアレンジが加えられ、好みに合わせて自由に作ることができます。

そこで、手軽に作ることができる冷やし茶漬けの材料を紹介しますので、参考になれば幸いです。

1人分の材料は、およそ半合ほどのお茶碗1杯のご飯、アゴ出汁がおすすめのだし汁200ml、梅干し1個、のり1枚とお漬物などのおかずとなるお惣菜を用意します。

まだ初夏のうちは氷などを入れてしまうと、お腹を冷やしてしまうため、ご飯とだし汁は常温を保ち、本格的な夏になったら冷たい冷やし茶漬けを作ってみましょう。

何と合わせても美味しい冷やし茶漬けは、1人で食事をするときはうってつけです。

暑くなって食欲がわかないときは、是非作ってみてください。

ちなみに、夏になると脇汗などかきやすくなるので、加齢臭対策のサプリメントは欠かせません。